盤改造についての説明

  • 盤改造についての説明

    • 盤には電気盤や設備と設備を繋ぐ制御盤等がありますが、場合によっては盤の改造が必要となってくる場合がありますが、盤の中には色々な信号を出している配線があり一つ一つ何処に繋がっているかを確認しなければ、盤改造を行う事は絶対不可能になってきます。改造を行う場合におきましては、先ず制作時にきちんとした制御盤回路図はきちんとあるのかを確認しておく必要があります。



      何もなければ盤の改造を行うのはとても大変な作業となってしまい、一つ一つの配線が何処に繋がってどんな役割をしているのかまで自分で調べなくてはならなくなります。



      一般的には、個人での改造は不可能でありますのでこういった事は、業者に依頼するのが1番良いのです。



      盤改造におきましては、どういったところを改造するのかをあらかじめ押さえておく必要もあり、またこれらの作業にはとても大きな危険性があります。



      電源が入っていれば、一つ一つの配線に必ず電気が流れておりますので、知らずに触ってしまいますと感電の危険性があり、最悪の事態となってしまいますので、こういった作業を行う際には必ず、電気工事士の資格を持った人間もしくは、業者に依頼し盤改造を行ってもらうことが良いです。

      また個人で行う場合に関しましては、必ず確認しておきたい点として電源が確実に切れていること、改造する場所の配線をどのように改造するのか図面を用意し、図面も確認しながら作業を行い配線番号を確実に忘れないために、メモを取る必要もあります。



      配線の位置をずらしたときは必ず記録しながら行い、改造が完了しましたら図面をすぐさまに、改造後の図面に変える必要があります。

      https://matome.naver.jp/odai/2141680964061132901

      また、改造後の動作確認いたしまして一つ一つの動きを確認し、電気の漏電やショート等がないか確認する必要もあり、もしこの場合ショートなどをしてしまった場合に関しましては再度やり直しの可能性もありますので注意が必要であり、最悪の場合は故障の原因となってしまいます。

      これらを避けるためには、新規導入時にきちんとした図面を用意しておくこと、改造の際には業者に依頼することを行っていくことが重要であり、本当にこの盤は改造していいのかも確認することも必要になってきます。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/71999/

      配線に確実に、数字をつけて管理しその数字が、制御図面と必ず一致しているかも必ず確認しておく必要もあり、もし違っていた場合にはすぐにその配線を確認し、図面もきちんと整備しておき、次回改造する際に図面を見て一目でわかるようにしておくことが良いです。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5570471.html

      必ず忘れてはいけないのは、盤の改造をいつ行ったのかまた、いつ導入したのかをきちんとわかるようにしておくことも重要になってきて、きちんとメンテナンスをしておくことが重要です。

      基本的には、メンテナンス時には配線の数字や図面の番号がきちんと合っているのか、配線が漏電してないか、配線の断線がないのか確認することが項目となってきて、定期的に点検を行うことが重要です。

  • 関連リンク

    • 最近格安スマホの普及が進んでいます。その背景には、2016年総務省による大手携帯事業会社への通達があったため、スマホ購入代金が大幅に上昇したからです。...

    • 毎日の暮らしの中では思いがけないタイミングで急な出費に見舞われることも多いものです。月々の生活費や食費、住居費、公共料金や保険料などでもかなりの出費になるのに加えて、ショッピング中に偶然お気に入りのグッズやアイテムを見つけたり、さらに仕事がらみの急な飲み会や接待が飛び込んでくることもあるでしょう。...